PICK UP

卒展を終えて⑤

2015.03.31

卒展を終えて④

2015.03.27

ゆきどけのまちにアート咲く!

2015.03.25

卒展を終えて③

2015.03.25

学生のデザインした風景印が採用!

2015.03.03  |  受賞・活躍  |  在学生の様子・活動  |  地域連携活動  |  大学授業紹介
s-DSC00515
長岡中島郵便局(長岡市水道町1-1-30)で、学生のデザインした風景印(風景入り通信日付印)が
新規風景印として3月2日(月)から使用が開始されました!
その風景印のお披露目もかねて開かれた、使用開始セレモニーの様子をお伝えします♪

s-DSC00620  s-DSC00613
郵便局長様から新規風景印の発表があり、デザインをした視覚デザイン学科3年の柳澤夏海さんに、
記念品と、実際に目の前で押印した風景印の記念押印台紙をプレゼントいただきました!
セレモニーには和田学長や教員の先生方をはじめ、共同で企画をした水道タンク友の会の方や、
かわいいマスコットキャラクター(?)の水道タン君の姿もありました。
こんなに素晴らしいセレモニーを開催していただけて、ながぶろも嬉しいです。

風景印のデザインは、「地域共創演習」という授業で取り組みました。
コンペを行って柳澤さんのデザインが選ばれ、
実際に郵便局で使用していただけることになりました。

s-DSC00646
(写真左から:担当教員の平山先生、水道タン君、担当教員の吉川先生、デザインした柳澤さん)

風景印は、実際に郵便物を出す際に押す消印です。
長岡中島郵便局の郵便窓口営業時間内に風景印の消印を指定すると押してもらえます。
風景印は、使用を廃止しない限り半永久的に長岡中島郵便局で使われていく消印です。
長岡に来た記念にも、長岡に住んでる学生が故郷の家族・友人に出す手紙にも、
たくさんの人に使用して欲しいですね。
s-03031
デザインは日本三大花火大会の1つとも言われている長岡花火の三尺玉をモチーフに、
郵便局からも見える長岡のシンボル「配水塔」を配置しています。

客員教授 大林宣彦監督特別講義

2014.07.18  |  大学授業紹介

映画監督の大林宣彦客員教授が、特別講義を行いました。
長岡を舞台にした、「この空の花-長岡花火物語」を手掛けられ、
また、越後長岡応援団としても活躍されている映画監督です。

 

07161

07162

当日の講義は2本立て。
午前中は、視覚デザイン学科で映像を学んでいる学生達が
実際に制作した作品を、監督から講評してもらいました。
映像のストーリーや背景についてのアドバイス、更には取り上げられているテーマについて、
時代と共に捉えられ方がどのように変化してきたのか、
そしてこれからの私たちがどう変えていくのか…改めて驚かされるような、そんな講評をいただきました。
監督から語られるたくさんのアドバイスに、監督の知識の深さを感じさせられます。

 

07163

午後の講義は、学年学科問わずの監督からの講義でした。
映画づくりの話はもちろんですが、何より平和という概念について
監督から語られる一言一言がとても胸に響きました。
そして監督は、芸術の素晴らしさは互いに喧嘩をしない事だともおっしゃっていました。
ピカソとゴッホはケンカしない。互いを排除しない。
ピカソはピカソ、ゴッホはゴッホ、それができるのが芸術家。
午前の講評の中でも、今の学生達の考え方と、
監督の時代の方たちの考え方に大きな違いがあることを伝えながら、
決して学生たちの考えを否定することはありませんでした。
そんなところに監督の偉大さをひしひしと感じ、
思わずながながと感想をつづってしまった、そんなながぶろでした。

グライダー

2014.06.03  |  大学授業紹介

1年生の「基礎造形実習」におじゃましてきました!

今回は、グライダーの課題をご紹介します。

 

グライダーとは…

IMG_8777_2

このように、エンジンがなくても飛べる航空機のことです。

基礎造形実習では、学科問わず様々な分野の課題制作をします。

 

飛ばしてみる前に最終調整を…。

 IMG_8748

しっかりと飛ぶよう、特にバランスを入念にチェックします。

 

 

最後には一斉に大空へ!

IMG_8794

たくさんのグライダーが空を舞う姿は圧巻です!

あいにくのお天気でしたが、実際に自分の作ったものを思い切り飛ばすのは楽しそうでした。

 

課題×図書

2014.04.30  |  大学授業紹介

皆さんこんにちは!

あっという間に新年度も1か月が過ぎてしまいました。

1年生はそろそろ大学にも慣れてきた頃でしょうか?

高校生の時とはまた違った環境だと思いますが、頑張っていきましょう!

 

さて、長岡造形大学図書館では、今年度から課題×図書のコラボレーションとして

課題に関連した図書の紹介を行っています。

コラボレーションしている授業は「視覚デザイン基礎演習」で、

現在の課題は「リアリティ」です。

「リアリティ」という名前からも分かるように、立体的でリアルな作品を作っていきます。

実物を再現するだけではなく、よりリアルに見せるための工夫もOKです。

ちなみに図書館には昨年の作品も展示されていますよ~!

SONY DSCえっ本物!?

これ全部作品なんです!びっくり!

作品はすべてフォルモ(粘土)で作られています。

 

SONY DSC※美味しそうですが食べられません!

 

そして、参考として図書館の本をカウンターに展示しています。

こんな感じです↓

SONY DSC

 

 図書館に入って左手には昨年の作品、右手には参考図書ですよ!

図書館ではこれからも課題ごとに参考図書を紹介していきますので

みなさんぜひ利用してくださいね!

インテリアデザイン演習

2013.11.14  |  大学授業紹介

長岡駅前の国際交流センターにある「地球広場」というショーウィンドウ。
そこで、建築環境デザイン学科3年の渡邊さんのデザイン案がディスプレイされています。
「インテリアデザイン演習3」の授業で取り組んだものです。
今回は、その授業の様子も含めてお伝えしていきます。


PB091968.jpg


つづきは↓

(さらに…)

大林宣彦監督来学

2013.10.25  |  大学授業紹介

本学の客員教授でもある大林宣彦監督をお迎えして、ワークショップと座談会を行いました。
(大林監督は、「この空の花~長岡花火物語~」の監督でもあります)


こちらはワークショップでの様子です。


1310251.jpg

(さらに…)

CI演習・CI計画論 展示中

2013.10.21  |  大学授業紹介

こんにちは、ながぶろです!

学内のピクチャーレールでは、CI演習/CI計画論という、
CIに関する2つの授業作品が展示されています。
(CIとは「Corporate Identity」の略です。
企業などのブランドイメージを明確にして、
社内外での認識を統一化するためのものだそうです)


13102101.jpg

詳しい作品や授業の様子はこちら↓

(さらに…)

3Dプリンタ導入!

2013.07.01  |  大学授業紹介

先日、プロダクトデザイン学科に
導入されました3Dプリンタ!

130701a.jpg

使い方を業者の方に聞きながら、
「笛」の制作のデモが行われました。

130701b.jpg

大学には4台導入され、
今後、演習や卒業研究で学生が利用していきます。

130701c.jpg

しかし、
プリンタで「モノ」が作れるなんて…
すごい時代になりましたよね。

学生が3Dプリンタを使いこなす日が楽しみです。

130701d.jpg

それゆけグライダー!

2013.06.12  |  大学授業紹介

こんにちは、ながぶろです!

1年生の「基礎造形実習」の様子を少~しだけお伝えします。
ご紹介するのは、グライダーの課題です。

13053106.jpg  13053105.jpg


講評では作品の仕上がりについてだけでなく、ものを作るということについて、本当に大切だなあと改めて考えさせられるような話も。
学生たちも熱心に耳を傾けていました。

そして出来上がったグライダーをいざ空へ!

13053103.jpg 13053104.jpg

13053102.jpg 13053101.jpg

自分で作ったものを、思いっきり飛ばすのはとても気持ちがよさそうです。


このグライダーの授業については、まもなく発行予定のNIDNewsでもご紹介します!
どうぞおたのしみに~


13053107.jpg

ちなみに、木にひっかかったグライダーを救出するため、レスキュー隊も出動してました。

太陽の下で講評

2013.05.09  |  大学授業紹介

こんにちは、ながぶろです!

今日は学内を歩いていると、何やら中庭で気になる光景が…!
話を聞いてみたところ、
「インテリアデザイン演習Ⅲ」の授業でした。
今日は天気がとてもよかったので、
講評を教室ではなく、中庭で行ったそうです。

2013050901.jpg


インテリアデザイン演習Ⅲは、
建築・環境デザイン学科の4年生が学んでいる授業です。
今回は展覧会の企画を発表する授業だったそうですが、
こんなぽかぽか陽気の中で
外で発表ができるなんて羨ましいですね。
ながぶろもお邪魔して発表を聞かせていただきました~。


2013050902.jpg

ながぶろが聞いたのは、
「ゴッホ展を日本で開く」というテーマについて。
発表してくれた事に対し、
みんな積極的に意見交換をしています。

2013050903.jpg

先生からは鋭い意見も。
なるほど、とながぶろも納得です。

自然の中でのびのびと授業を受けられるのも、
本学の素敵なところですね。

  • BACK NUMBER

    • expand2015 (10)
    • expand2014 (61)
    • expand2013 (71)
    • expand2012 (237)
    • expand2011 (240)
    • expand2010 (210)
    • expand2009 (157)
  • 1234