プロダクトデザイン学科

Product Design

機能や外形だけではなく、
使う人が笑顔になる
プロダクト(製品)をつくる。

学科の特長

プロダクトデザイン学科では、産学協同の授業など、社会とのかかわりをもつプロジェクトを多く取り入れています。 クリエイティヴな発想をカタチにする力や、様々な情報を繋ぎ合わせる直感的思考、聞き手に理解してもらい、共感を生み出すための説明力など、さまざまなスキルを身につけることができ、国内・国外の大手企業などデザインの第一線で活躍するような人材や、地域の発展に寄与できるデザイナーを育てる学科です。

身のまわりにある”もの”のデザインを学ぶ

対象となる分野

家電製品  情報機器  自動車  自転車  玩具  家具  
日用品 生活雑貨  ファッション  テキスタイル(染織)

1年次

確かな基礎造形力を身につける

1年次の授業一覧はこちら

2年次

所属学科の
専門分野を
幅広く学ぶ

2年次の授業一覧はこちら

主な授業

テキスタイル材料学

身の周りにあるさまざまな繊維、布の特性について学ぶ。

プロダクト3DCG 演習Ⅰ

現場で最もよく使われているソフトの一つであるRhinocerosの基本的な操作を学習する。

3年次

専攻分野の
知識・技能を
高める

3年次の授業一覧はこちら

主な授業

ゼミⅠ

コース毎に全ての研究室において担当教員の課題に小人数で取り組む。

プロダクトデザイン演習Ⅱ

社会において有用なデザインスキル、デザイナー的思考の体得を目的とする。

テキスタイル・ファッション演習Ⅱ

素材や技法の枠を超え、既成概念にとらわれない自由な布づくりを行う。

4年次

専門分野の
知識・技能を
さらに高めながら
卒業研究に
取り組む

4年次の授業一覧はこちら

主な授業

卒業研究Ⅰ, Ⅱ(通年)

個人または共同で特定のテーマに基づいた「制作」、「研究論文」または「論文及び制作」を行う。

プロダクトデザイン学科

学生作品紹介
GO!

各部署連絡先

個人情報の取扱いについて

採用情報

長岡造形大学

〒940-2088 新潟県長岡市千秋4丁目197番地

tel : 0258-21-3311 fax : 0258-21-3312 
E-mail : admin@nagaoka-id.ac.jp

©Nagaoka Institute of Design.

先頭に戻る