TOP  >  総合案内  >  学科  >  美術・工芸学科

領域間の壁を超えた手法の融合。今までにない新しい表現の可能性を探求する。広く社会へ、オリジナルのメッセージを発信しよう。

美術・工芸学科では、アートとクラフトの新たな表現の可能性を目指します。絵画、彫刻、工芸の各専門領域の基礎カリキュラムを横断的・並行的に学び、既存の領域間の壁を取り払い、各領域においての素材・技法・表現手法の理解と融合を図り、これにより柔軟な発想と独創的な創作研究の深化を目的とした造形教育を行います。またデザインコミュニケーションの視点による多様な社会環境での、人とモノとの関係性、計画・提案から造形表現までをも学びます。幅広い知識と能力を兼ね備え、社会に対して独自のメッセージを多彩な表現力により発信するアーティスト、デザイナー、また、教員、学芸員など、実社会の様々な分野で活躍・貢献する人材の輩出を目的とします。

 

対象となる分野

絵画(素描・油彩)、銅版画、スクリーンプリント、彫刻、彫金(ジュエリー)、鍛金、鋳金、ガラス工芸

教員免許が取得できます。

 

一年次の学修内容

詳しくはこちら

 
 

2〜4年次の学修内容

造形の理論、知識の修得とともに、美術・工芸の基礎となるものの観察力、表現力を鍛えます。2年次からは絵画、彫刻、金属工芸、ガラス工芸のコラボレーションを行い、領域を超えた全ての素材と技法を体験します。演習課題の発案から完成のプロセスを通して、各自が新鮮な発見や可能性を見つける段階といえます。

各コースごとのさまざまな素材の性質と、美術・工芸技法の関係から生まれる造形の可能性をさらに追求し各自が表現能力の向上を図ります。専門分野が実社会や私たちの生活とどのように関わるか、視野を広げて探ります。演習は整った設備、十分なスペースに知識を加えて進められ、デザイナーや作家の条件などを把握し、求められる力を養います。

4年次では、卒業研究が大きな目標になります。ここまでに体験、修得した各素材とその特性を応用した造形について、各自がテーマを設けます。テーマ達成を目標に、コンセプトの具体化・展開・問題解決をはかりながら完成度の高い研究・制作に取り組みます。卒業研究では、創造性・独創性・表現力に優れた多くの作品や成果を見ることができます。

 
 
 

取得可能資格一覧

学芸員 ⁄ 商業施設士受験資格 ⁄ 中学校教諭1種免許(美術) ⁄ 高等学校教諭1種免許(美術)(工芸)

 
 
pagetop
 

長岡造形大学
〒940-2088 新潟県長岡市千秋4丁目197番地
tel:0258-21-3311 fax:0258-21-3312 admin@nagaoka-id.ac.jp