TOP  >  総合案内  >  学科  >  プロダクトデザイン学科

プロダクトデザイン学科

カタチや機能だけでなく、人や社会との関係までも考える。問題を発見&解決し、提案できるデザイナーになろう。

プロダクトデザイン学科では、家電製品、自動車、家具、日用品、衣服など私たちの身の周りにあるものから、産業機械などの機器・設備にいたるまで、幅広い分野のモノのデザインを学びます。プロダクトデザインとはカタチや機能だけではなく、そのモノのあり方や人や社会との関わり、他のモノとの関係性まで考え提案すること。細部へのこだわりに加え、幅広い視野も重要になります。プロダクトデザイン学科では実習中心の授業やマンツーマンの指導を通じて「問題を発見する力」「具体的な答えを構築する力」「わかりやすく提案する力」を育成し、プロのデザイナーとしてスタートできる能力を培っていきます。

 

対象となる分野

家電製品、情報機器、乗り物(自動車・自転車など)、玩具、ロボット、家具、生活雑貨、ファッションアイテム(衣服・バッグ・シューズなど)、テキスタイル(染織) など

 

一年次の学修内容

詳しくはこちら

 
 

2〜4年次の学修内容

2年次では1年次で身につけたデザインに共通の基礎的な力をベースにして、スケッチ、3DCG、モデル制作などの専門的なスキルを習得します。さらに、発想力、造形力を繰り返し徹底的に鍛えます。プロダクトデザインのエッセンスを身につける1年間です。

3年次では今まで学んだスキル、知識、経験をベースに作品制作に取り組みながら、総合的なデザイン力を身につけます。より深化・専門化した教育を受けながら、卒業後の進路、就職を意識して制作に取り組む時期でもあります。

最終学年の目標はプロとしてのスタートラインに立てる力を身につけることです。前期授業では専門領域を越えたグループで課題に取り組みます。卒業研究は学生の興味や将来の道を考慮しながらテーマを決定し、4年間の集大成となる作品制作に取り組みます。

 
 
 

取得可能資格一覧

学芸員 ⁄ 商業施設士受験資格

 
 
pagetop
 

長岡造形大学
〒940-2088 新潟県長岡市千秋4丁目197番地
tel:0258-21-3311 fax:0258-21-3312 admin@nagaoka-id.ac.jp