TOP  >  総合案内  >  大学情報  >  学長メッセージ

学長メッセージ

学長 和田裕

和田裕

岐阜県生まれ。東海大学卒業後、いすゞ自動車㈱で21年間デザイン業務に携わる。 94年長岡造形大学に就任。現在に至る。専門はトランスポーテーションデザイン。 主に関わった車両は、エルフ、ロデオ、ビックホーン、ウィザード、ミュー、ディアフォルテ(ゲレンデ整備車)、防衛車C10(雪上車)。

 

デザインを学び、時代を担う人となる。

長岡造形大学はデザインを学ぶ大学です。
私はデザインについて、「アート」を母に、「テクノロジー」を父として両者の遺伝子を併せ持った存在と認識しています。
ですからデザイナーは、豊かな感性と、論理的な思考力を身につけねばなりません。 この両者に加えて“自らの考え”を豊かに表現する力も必要となります。

感性は環境によって育まれます。
論理的思考力は知識と経験によって育まれます。
表現力はトレーニングによって育まれます。
長岡造形大学には、その学びの環境が全て整っています。

私はデザインを学んだ人について、造形に関わる専門領域での活動のみならず、
造形以外の様々な職域でも活躍できる人だと信じています。
デザインという行為の目的は“問題解決”及び「問題発見」にあるからです。
日々学ぶデザインのプロセスを通して“事象へ対処する力”が身に付きます。また、デザインという学問では、答えを見つける力だけではなく、「自らが答えを創造する力」も養います。
この力が、これからの時代を担う人の必須条件となります。

是非、長岡造形大学でデザインを学び、
「問題を発見する力」、「答えを創造する力」そして「その答えを表現できる力」を修得し、
豊かな社会実現の礎になっていただくことを願うものです。

 
pagetop
 

長岡造形大学
〒940-2088 新潟県長岡市千秋4丁目197番地
tel:0258-21-3311 fax:0258-21-3312 admin@nagaoka-id.ac.jp