• 雪解けの街をアートが彩る

    2015年冬、自分にとって大きな事件が起こった。あれから一年以上たった今、作品を通してもう一度それに向き合ってみようと思う。あの日感じた思いと今自分が抱えている思い、それらが混在するようなカオスな作品になった。

    作品としては、和室で自身が製作したミュージックビデオを流している。どうにも自分の声が恥ずかしく、たくさん加工してしまった。ノイズがかった声が不安定さを持ち、見ている人に歌詞や映像以上のものを届けてくれることを祈っている。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です