カリキュラム

専門教育科目(学部共通)

空間安全論

◎福本 塁、稲垣文彦

2学年 前期

選択

講義 2単位

 

授業の概要およびテーマ

日本には豊かな自然がある一方で、様々な自然現象が起こり、人々が生活を営む空間に応じて災害が発生します。また、ミサイル、テロ、事故、感染症といった脅威にも晒されています。近年に起きた災害を事例に、空間や状況に応じて、「誰にとって何が危険なのか」、「どのような被害を受けるのか」、「その対策や教訓は何か」の各要素を学び、「安全」の基本的な考え方を身に着けます。さらに、私たちの生活に「安全」をどのように取り入れることができるのか具体的な実践に結びつける提案を行えることを目標にします。

達成目標

・日本でこれまでに起きた災害の概要を理解し、その教訓を習得していること

・安全なまちづくりに関する様々な取り組みとその重要性を理解していること

・身の回りの危険について空間や状況に応じた具体的なイメージができること

・これまで自身が関わった空間の自然災害リスクを調べ、他者に説明できること

・空間や状況に応じて、自身の生活に安全を取り入れるための具体的な提案を行えること

授業計画

第1回「安全」とは何か?について学ぶ:授業の取り組みのイメージを確認

第2回 能動的な協働と内発的な自助・共助の重要性

第3回 災害発生のしくみと被害、教訓を学ぶ①:地震・津波

第4回 災害発生のしくみと被害、教訓を学ぶ②:火災・噴火・風水害・土砂災害

第5回 災害発生のしくみと被害、教訓を学ぶ③:ミサイル・テロ・事故・感染症

第6回 災害と空間情報

第7回 コミュニティ・プロセス・デザイン~災害復興から地域おこしへ~

第8回 地域防災計画と復旧・復興計画の概要

第9回 安全なまちづくりに関する様々な取り組み

第10回 地域の防災・防犯訓練と自分に必要な防災・防犯訓練

第11回 安全なまちづくりの取り組み①:空間に対する理解を促す「Open Street Map」、「防災・防犯マップづくり」、「図上訓練」、「逃げ地図」、「HUG」

第12回 安全なまちづくりの取り組み②:現地の救援活動を支援する「DroneBird」、「Crisis Mapping」

第13回 安全なまちづくりの取り組み③:人々をつなぐ防災を主題にしたツールとワークショップ「クロスロード」、「防災トランプ」、「シャッフル」

第14回 課題演習準備:自身の生活、関わりのある空間に基づく災害リスクを認識する

第15回 課題演習:空間や状況を踏まえた「安全」を生活に取り入れるための提案

学生に対する成績評価基準

学習内容を定着させる簡単な課題:30%
積極的な姿勢:20%
課題演習に対する提案:50%

テキスト

特定のテキストは使用せず、授業の内容によって講師が独自に資料を作成・準備し、適宜配付します。
授業後の学習内容を定着させる教材として講師が独自に用意したWEBサービスを利用します。

参考書・参考資料等

【参考書】

(1)片田敏孝(2012)『人が死なない防災』集英社.

(2)鎌田浩毅(2015)『せまりくる「天災」とどう向き合うか』ミネルヴァ書房.

(3)室崎益輝ほか(2016)『災害対応ハンドブック』法律文化社.

【参考資料】

(4)神奈川わかものシンクタンク(2016)『自宅で防災訓練をしたことがありますか?- 自分に必要な防災訓練を考える-』

https://futakoburakuda.org/b-texts/ よりダウンロード可能.

(5)内閣府(2016)『復旧・復興ハンドブック』.

用具

特になし

履修希望者への要望・事前準備

本講義は「空間や状況に応じて災害から身を守る方法と考え方」を学び、それを「みなさんの生活に取り入れるための具体的な提案」に着地させることを目標にします。履修後の成果は、みなさんのポートフォリオの1ページを飾り、みなさんの将来に役立つよう進めていきたいと考えています。そのためには、みなさん自身が「体験談」や「考え」を話すことが大切で、是非積極的な姿勢を持って受講して頂ければと思います。

各部署連絡先

個人情報の取扱いについて

採用情報

長岡造形大学

〒940-2088 新潟県長岡市千秋4丁目197番地

tel : 0258-21-3311 fax : 0258-21-3312 
E-mail : admin@nagaoka-id.ac.jp

©Nagaoka Institute of Design.

先頭に戻る