カリキュラム

修士課程

基礎科目群

 

インターフェース論

◎金山正貴、徳久達彦

前期(第2クオーター)

講義

1単位

 

授業の概要及びテーマ

製品にはユーザーがそれを使用する際に人間の特性に応じた入出力をつかさどるインターフェースが存在します。日常的に接する製品や専門性の高い機器には使いやすい操作性が不可欠となっており、昨今ではタッチパネルやセンサー技術などを取り入れた製品が普及しその重要性は増しています。
授業では実際の製品のハードウェアデザインやGUIデザインにおけるインターフェースデザインについての概要から、携帯端末やパソコン、公共機器、画面デザインなど具体的な例を用いながら講義をおこないます。さらに理解を深めるためにプロトタイピングツールなどを利用した実習を交えて進めます。

達成目標

製品のハードウェアデザインやソフトウェアのGUIデザインにおけるインターフェースデザインの基本的な考え方と、製品をデザインする際に必要となるスキルについて理解できること。

授業計画

01 ガイダンス

02~04 WEB・画面UIにおけるインターフェースデザイン

05~07 プロダクトデザインにおけるインターフェースデザイン

08 まとめ

成績評価基準

提出するレポートに内容及び、受講姿勢を勘案して評価する。

各レポートの得点の平均点から、欠席、遅刻に応じて点を減ずる。

テキスト

授業において適宜プリントを配付する。

参考書・参考資料等

必要に応じて適宜指示する。

用具

PC(win,macどちらかで可)の用意をすること。

履修希望者への条件

履修者3名以上を開講の条件とする

各部署連絡先

個人情報の取扱いについて

採用情報

学長選考会議

長岡造形大学

〒940-2088 新潟県長岡市千秋4丁目197番地

tel : 0258-21-3311 fax : 0258-21-3312 
E-mail : admin@nagaoka-id.ac.jp

©Nagaoka Institute of Design.

先頭に戻る