カリキュラム

修士課程

基礎科目群

 

文化財建造物とデザイン

津村泰範、◎平山育男

前期(第1クオーター)

講義

1単位

 

授業の概要及びテーマ

環境文化財学の領域における専門的で必要となる知識・情報の修得に努める。
建造物の保存修復計画(津村)
建造物、集落町並みの保存修復(平山)

達成目標

建造物、記念物、集落、町並みなど環境文化財(不動産文化財)の価値評価に関する基礎理論、方法論及びその国際関係を学びます。併せて「もの」を観る確かな目を養うことを目標とする。

授業計画

それぞれの課題について、以下のような方法で授業を進める。
[(1)建造物の保存修復の計画]
事業として行われる建造物保存修復の流れと構成を理解し、保存の歴史にそった修復事例から人や組織の役割とその意義を学び、今日の保存修復のあり方を考える。
[(2)建造物、集落町並みの保存修復]
履修者の修士課程研究に関する物件についての修理工事報告書、町並み調査の報告書、関係資料などの読解を通じ、調査に関する基礎的な方法、理論を修得するとともに現状における問題点を明らかにしていく。

01 (1)-1 復原事業の取り組み

02 (1)-2 修復における調査

03 (1)-3 設計と監理

04 (1)-4 まとめ

05 (2)-1 歴史的建造物関連資料の収集・説明

06 (2)-2 歴史的建造物関連資料の読解

07 (2)-3 歴史的建造物関連資料の図化・翻刻化

08 (2)-4 まとめ

成績評価基準

受講態度20%、課題提出80%

テキスト

各回の授業で配布。後半の授業では『匠明』社記集、殿屋集などを用いる。

参考書・参考資料等

文化財保護法(六法全書)

履修希望者への要望・事前準備

本授業は修士課程研究を進める上で、基礎的な素養と方法を修得するものである。履修者の主体的な取り組みを望む。

各部署連絡先

個人情報の取扱いについて

採用情報

学長選考会議

長岡造形大学

〒940-2088 新潟県長岡市千秋4丁目197番地

tel : 0258-21-3311 fax : 0258-21-3312 
E-mail : admin@nagaoka-id.ac.jp

©Nagaoka Institute of Design.

先頭に戻る