カリキュラム

修士課程

専門科目群

 

プロトタイピング演習

金山正貴、真壁 友、◎増田 譲

前期

演習

2単位

 

授業の概要及びテーマ

ニール・ガーシェンフェルドが著書fab で宣言した、パーソナルファブリケーション/第3次産業革命が急速に進行しつつある。Arduino等のオープンソースのプロトタイピング環境の登場や、RepRap.orgによる3Dプリンターの普及化運動等によって、従来電機メーカーによる大量生産しか在り得なかった家電製品製造に一個人での参入が可能となり、手作り/少量生産のプロトタイプ製品が市場に出る時代が到来した。本演習では、こうしたパーソナルファブリケーションのコンテクストに則り、学生が自分自身のためのユニークな一品生産の家電製品のプロトタイプを製作する。3DCADによる設計、3Dプリンター、CNCによる筐体制作、Arduino/Processingによる実装によって学生個々人がプロダクト製品のデザイン、設計、製造のプロセスを学び、パーソナルファブリケーション時代のリテラシーを修得する。

達成目標

自分自身のためにカスタマイズされた家電製品のプロトタイプを製作する。また、この授業成果物をMaker Faire Tokyoに展示する事を目指す。(Maker Faire Tokyoは抽選制なのであくまで努力目標とする。展示参加/不参加は成績に反映されない。)

授業計画

01 ガイダンス

02 構想/エスキース作成

03 3D設計

04 3D設計

05 3D設計

06 3D出力

07 3D出力

08 HW/SW実装

09 HW/SW実装

10 組み立て/検証

11 組み立て/検証

12 フィードバック

13 フィードバック

14 作品完成

15 デモ/プレゼンテーション

16 Maker Faire Tokyo 出展(努力目標:任意参加)

成績評価基準

コンセプト、3D設計、3D出力、HW/SW実装、組み立て/検証、フィードバック、作品プレゼンテーション各ステージにおいての理解度、達成度、作品の完成度を基準とした総合点とする。
単位取得には2/3以上の出席が必須で、それを下回る場合は単位を与えられない。提出課題の未提出・授業参加態度・欠席日数は最終評価において減点対象となる。

テキスト

必要に応じて配付します。

用具

コピックマーカー、色鉛筆、鉛筆、ボールペン、等、スケッチのための用具
マイコンボードArduino(持参)
https://www.amazon.co.jp/Arduino-Rev3-ATmega328-マイコンボード-A000066/dp/B008GRTSV6
Rhinoceros、Photoshop、Illustrator、Arduino、ProcessingがインストールされたノートPC。

履修希望者への要望・事前準備

1)以下ソフトウェアがインストールされたノートPCを用意してください。

*Rhinoceros(有料) 参考価格: Windows版38,880円 Mac版19,440円

http://www.cad100.jp/rhinoceros/rhinoceros_academic.php

*Fusion360(無料)(Rhinocerosのかわりとして)

https://www.autodesk.co.jp/education/free-software/fusion-360

*Photoshop、Illustrator、

*Arduino IDE(無料)

https://www.arduino.cc/en/Main/Software

*Processing(無料)

https://processing.org/download/

Arduinoを購入してください。

*マイコンボードArduino

https://www.amazon.co.jp/Arduino-Rev3-ATmega328-マイコンボード-A000066/dp/B008GRTSV6

その他、作品によって何点か電子部品が必要となります。それらは別途購入が必要です。

各部署連絡先

個人情報の取扱いについて

採用情報

学長選考会議

長岡造形大学

〒940-2088 新潟県長岡市千秋4丁目197番地

tel : 0258-21-3311 fax : 0258-21-3312 
E-mail : admin@nagaoka-id.ac.jp

©Nagaoka Institute of Design.

先頭に戻る