カリキュラム

修士課程

専門科目群

 

フィールド分析演習

板垣順平、◎金山正貴、中島亮太郎

前期

実習

2単位

 

授業の概要及びテーマ

問題解決の場面でデザインの手法や考え方が注目を集めるようになり、観察や対話を通じて他者を理解することが求められるようになった。
この演習では店舗等に設置されている機器のI/Fに関わる問題や、地域の実課題をテーマに問題発見やアイデアの創出に有効な様々な方法を習得する。

達成目標

現場でのヒアリングや情報収集を通じて問題発見能力を身につける。

授業計画

01 オリエンテーション @学内(前半部・後半部合同)

02 課題概要説明、オブザベーション演習 @学内(金山)

03 ジャーニーマップの説明と演習 @学内(中島)

04 現場調査実施 @実店舗(金山・中島)

05 調査結果のまとめ、ジャーニーマップの作成 @学内(中島)

06 課題抽出とアイデア展開 @学内(金山)

07 ペーパープロトタイピング演習 @学内(金山)

08 アイデア検証・評価 @学内(金山)

09 エスノグラフィーの手法の説明やワーク @学内(板垣)

10・11 現場での観察とヒアリング、情報の整理 @星野本店(板垣)

12 アイデア出しとプロトタイピング1 @学内(板垣)

13 アイデア出しとプロトタイピング2 @学内(板垣)

14・15 現場でのアイデアの検証、評価 @星野本店(板垣)

成績評価基準

提出する課題の内容及び、受講姿勢を勘案して評価する。
各課題の得点から、欠席、遅刻に応じて点を減ずる。

テキスト

授業において適宜プリントを配付する。

参考書・参考資料等

必要に応じて適宜指示する。

用具

必要に応じて適宜指示する。

履修希望者への条件

開講条件として履修者が3人以上であること。

各部署連絡先

個人情報の取扱いについて

採用情報

長岡造形大学

〒940-2088 新潟県長岡市千秋4丁目197番地

tel : 0258-21-3311 fax : 0258-21-3312 
E-mail : admin@nagaoka-id.ac.jp

©Nagaoka Institute of Design.

先頭に戻る