カリキュラム

修士課程

領域科目群

 

プロダクトデザイン研究

池永 隆、金澤孝和、金山正貴、菊池加代子、◎齋藤和彦、境野広志、鈴木均治、土田知也、真壁 友、増田 譲、村上明栄

通年

演習

4単位

 

授業の概要及びテーマ

特別研究の助走期間として、専門領域に必要な知識やスキルを身につけるため、文献研究や調査・分析・制作などの基礎研究を実施し、特別研究の理論的な組み立てが実現できるような内容を個別に設定する。

達成目標

・修士で研究していくテーマを明確にし、概要をまとめること。

・文献研究および調査・分析したものを文章・レポートにまとめること。

授業計画

指導教員とのゼミナール形式で行なう。

但し、必要に応じ指導教員外の教員も参加する。

01~10 文献研究

11~20 調査・分析

21~29 考察・まとめ

30 発表

上記をガイドラインとし指導教員と計画を立てて進めること。

*10月下旬に領域内で中間発表を実施する。

成績評価基準

文献や調査・分析に基づいたレポート (60%)
研究テーマを明確にし、修士研究の概要をまとめること。 (40%)
これらの内容を総合的に判断し評価する。

テキスト

学生のテーマに合わせて指導教員が適宜指示する

参考書・参考資料等

学生のテーマに合わせて指導教員が適宜指示する

履修希望者への要望・事前準備

モノのデザインだけでなく、コト・体験といったモノを取り巻く様々な要素を取り入れ新しい発想につなげるよう、常にアンテナを張って、社会の動向を観察すること

各部署連絡先

個人情報の取扱いについて

採用情報

長岡造形大学

〒940-2088 新潟県長岡市千秋4丁目197番地

tel : 0258-21-3311 fax : 0258-21-3312 
E-mail : admin@nagaoka-id.ac.jp

©Nagaoka Institute of Design.

先頭に戻る