カリキュラム

修士課程

インターンシップ科目

 

建築士インターンシップE

江尻憲泰、小川総一郎、川口とし子、北 雄介、佐藤淳哉、白鳥洋子、菅原 浩、津村泰範、◎平山育男、福本 塁、森 望、山下秀之、渡辺誠介

通年

実習

4単位

 

授業の概要及びテーマ

実務経験豊富で一級建築士の資格を有する本学教員が実施する具体的プロジェクトを課題とし、設計・監理の実務を補佐することにより、建築設計における計画から実現にいたる実践的な知識と技術を習得する。
テーマ
地域計画などに関する実務実習(テーマは各学生が指導教員と相談して設定)とする。公園や都市開発および文化財の保存・活用に関するテーマで、地域計画・緑地計画などのプロジェクトや文化財系の物件を対象とし、プロジェクトの進行を体験する。

達成目標

実務的な経験を積むことにより、社会的責任が伴う建築設計業務に必要な生きた知識や技術、職業倫理観を身につける。

授業計画

インターンシップ開始に先立ち、各学生がインターンシップ計画書を作成し、本学担当教員の確認を受ける。インターンシップ終了後は実習報告書を作成し、担当教員の確認を受ける。

01 リサーチおよび企画立案

02 リサーチおよび企画立案

03 リサーチおよび企画立案

04 プランニングおよび構造チェック

05 プランニングおよび構造チェック

06 中間発表

07 法令チェックやコスト計算

08 法令チェックやコスト計算

09 法令チェックやコスト計算

10 法令チェックやコスト計算

11 プレゼンテーション資料および模型制作

12 プレゼンテーション資料および模型制作

13 プレゼンテーション資料および模型制作

14 プレゼンテーション資料および模型制作

15 発表

成績評価基準

指導に当たる教員が、実務訓練に関する評価と学生が提出した実習報告書・レポートをもとに評価を行う。単位認定には合計160 時間(概ね4週間)程度の実習を要する。実習は複数のプロジェクトにわたっても構わない。

テキスト

特になし

参考書・参考資料等

特になし

履修希望者への要望・事前準備

原則として、各自が研修指導者に交渉し、了承を受けることとする。受講にあたり、研修の目的を絞り込んでおくこと。

各部署連絡先

個人情報の取扱いについて

採用情報

学長選考会議

長岡造形大学

〒940-2088 新潟県長岡市千秋4丁目197番地

tel : 0258-21-3311 fax : 0258-21-3312 
E-mail : admin@nagaoka-id.ac.jp

©Nagaoka Institute of Design.

先頭に戻る