七日町通り周辺環境の研究と今後の空間の検討

髙坂 麗奈

かつてシャッター商店街だった福島県会津若松市の「七日町通り」は、現在は歴史的街並みが特徴の観光地になっている。シャッター商店街が復活するのは全国的にも稀で、地元出身者として興味を抱くと同時に、観光整備に重点を置くことが地域住人にとって本当にメリットばかりなのかと疑問を抱いた。現状を確かめるために今までのまちの人たちの取り組みを調査し、成果と課題点を明確にさせた上で、今後のまちづくりはどうあるべきかを考察した。