直江津祇園祭における屋台の造形について

佐藤 彩乃

私が本研究に至ったのは、単純に直江津祇園祭が好きだったからである。夏になれば祇園の季節だと町に活気が溢れ、幼い頃は夏休みになるのが楽しみだった。 そんな直江津祇園祭の中でも存在感が大きいのが屋台だ。 昔から馴染みがあり、それが当たり前だと思っていた屋台だが、他の祭を知る機会が増えると、ある疑問が芽生えた。 何故、直江津の屋台は舟の形なのか、いつからこの様な姿なのかと。
全国の祭を見ても全てに特徴があり、同じものなどは無いが、十数台もの舟形の屋台は直江津の他には見当たらなかった。 それがどういうことなのか、どんな理由があるのか研究を行った。