2023年からの
新生NIDについて

人と、社会と、
もっとつながる
デザインを学ぼう。

デザインをめぐる世の中の動きに応じて、
学科やカリキュラムを改編してきた長岡造形大学。
2023年4月、新たな学科体制がスタートします。
もっと時代が求める造形大へ。あなたも一緒に。

こう変わる!

各領域が刺激し合う
学修環境へアップデート

「絵を描くのが好き。デザインに興味がある。でも、社会に出たら自分に何ができるだろう?」そんな風に考える高校生はきっと多いはず。そんな皆さんに、長岡造形大学は学科新編成という新たな“進化” で応えます。

学科再編イメージ図

従来の「視覚デザイン学科」「プロダクトデザイン学科」を、「デザイン学科」に統合。2023年4月から「デザイン学科」「建築・環境デザイン学科」「美術・工芸学科」の3学科に生まれ変わります。さらにデザイン学科を「視覚デザイン」「プロダクトデザイン」「テクノロジー×デザイン」の3領域で構成します。

「絵を描くのが好き。デザインに興味がある。でも、社会に出たら自分に何ができるだろう?」そんな風に考える高校生はきっと多いはず。そんな皆さんに、長岡造形大学は学科新編成という新たな“進化” で応えます。

だから変わる!

領域を超えた
デザインの学び

平面(ポスターや書籍などの印刷物やWebページ)、立体(家具・家電やファッションなどのプロダクト)、メディア(映像や音楽)、テクノロジー(AIやIoT)などデザインにまつわるカテゴリは年々ボーダーレス化が進んでいます。その背景には次の2つのことがあります。

デザイナーの役割の拡大

単にモノを作るだけではなく、問題の発見から携わり、新しい提案ができるデザイナーが求められている

デザイナーの活躍の場の拡大

企業のみならず、行政、地域社会など広くデザイナーの活躍が求められている

今、社会はデザインの力を活用してフレキシブルに動ける人材を求めています。例を挙げるなら、メディアの知識を持つプロダクトデザイナー、美術の知見を企業や地域で活かせるデザイナーなどです。

また、スマートフォン、ノートパソコン、AIスピーカー、自動車インテリアなどのデザインはAIやIoTといった先端テクノロジーと密接に関係します。一方で、ポスターや書籍などの印刷物のデザイン、家具や生活雑貨などのプロダクトデザインは今後も存在し続けます。つまりデザインの世界はどんどん多様化しており、だからこそ、領域を超えたデザインの学びが必要なのです。

変わるとこうなる!

今の社会が求める
デザインを学べる

「問題発見と解決」「美しさ」「機能性」「コミュニケーション」。長岡造形大学が考えるデザインの本質です。こうした本質はそのままに、より時代に合った教育内容へと進化させることが学科新編成のテーマです。

多様化する
デザインの世界を、
もっと広く、楽しく、
フレキシブルに学べる場へ。

長岡造形大学は、多様化するデザインの世界を、もっと広く、楽しく、フレキシブルに学べる場へ。時代が求めるデザインを学び、卒業後も変化に富んだ社会で必要とされる人材の養成を目指します。「デザインに興味がある」「デザインで世の中を良くしたい」と考える皆さんとの出会いを、楽しみに待っています。