• マイリスト
  • 大学案内
  • 入試情報
  • 新着情報
  • 人気記事
  • 対象者別
とじる

学生・教職員の体調不良時の欠席・休暇の取り扱いについて

2020.04.16 お知らせ

学生・教職員の皆さん

学生・教職員に37.5度以上の発熱などの風邪症状があった場合、授業出席または大学への出勤について、当分の間、次のとおり取り扱います。

 

【発熱当日】
 ・発熱当日は欠席、休暇を取り来学しない。

 

【発熱翌日に解熱したとき】
 ・発熱後解熱し、咳や息苦しさ、倦怠感などの症状がない場合は、解熱後4日間は自宅にて体調観察をすること。
 ・体調に変化がない場合には、解熱後5日目から授業に出席または職場に出勤することを認める。 

【発熱が2日以上続いたとき】
 ・2日以上発熱が続く場合、発熱と解熱を繰り返す場合、解熱しても息苦しさや倦怠感などの症状が残る場合は、「新型コロナウイルス感染症の感染疑いがある場合の対応フロー」のとおり大学医務室等に相談し、最寄りの医療機関に予約・受診し医師の指示に従う。
 ・上記の場合も、解熱後4日間は自宅にて体調観察すること。
 ・体調に変化がない場合には、解熱後5日目から授業に出席または職場に出勤することを認める。

【公欠、特別休暇】
 ・学生については、発熱日から解熱後4日目までの自宅での体調観察期間は公欠扱いとする。(手続き方法など詳細については、後ほど教務課から連絡します。)
 ・教職員については、発熱日から解熱後4日目までの自宅での体調観察期間は特別休暇扱いとする。