• マイリスト
  • 大学案内
  • 入試情報
  • 新着情報
  • 人気記事
  • 対象者別
とじる

福本助教が「ICT利用による教育改善研究発表会」の奨励賞を受賞

2020.12.03 活動実績

このたび本学建築・環境デザイン学科 福本 塁助教が、公益社団法人私立大学情報教育協会主催「ICT利用による教育改善研究発表会」の奨励賞を受賞しました。

この発表会は、全国の国立・公立・私立の大学・短期大学教員を対象に、教育改善のためのICT利用によるFD(ファカルティ・ディベロップメント)活動の振興普及を促進・奨励し、その成果の公表を通じて大学教育の質的向上を図ることを目的として、平成5年より実施しています。

表彰式は11月30日(月)に行われました。

■受賞対象
大規模授業における学生の主体性を引き出すコミュニケーションシステムの構築と評価

■対象授業
空間安全論

■選考プロセス
1次選考37組通過→2次選考8組通過→受賞者1組(1位)

■文部科学省高等教育局専門教育課長の本研究に対する評価
大規模授業というどの大学でも行われている授業スタイルで、デザインを強みにしている長岡造形大学らしい視点からICTを活用した教員と学生のコミュニケーションを促す授業改善が実践されており、その効果が認められる

■公益社団法人私立大学情報教育協会Webサイト(参考)
http://www.juce.jp/index.html

【写真】奨励賞の楯など