教員紹介

津村 泰範

Yasunori Tsumura

准教授(大学院兼担教員)

306研究室

専門分野

建造物保存再生(調査・計画・設計)

現在の研究課題

保存修復再生技術、建築の保存継承手法・制度・理念、近現代建築生産技術史、文化財や歴史的建造物を活かしたまちづくり

担当科目

基礎造形実習Ⅰ、基礎ゼミⅡ、地域協創演習、学外見学実習、クロス実習(建築・環境A・B)、建築・環境デザイン概論、文化財学概論、建築史、博物館概論、建築・環境デザイン演習Ⅰ、建築材料、環境計画・保存演習Ⅰ・Ⅱ、建築史Ⅱ、文化財建造物保存演習、ゼミⅠ・Ⅱ、卒業研究、博物館概論、博物館資料保存論、博物館実習

最終学歴/資格

東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程

所属学会/団体

日本建築学会、日本ICOMOS国内委員会、DOCOMOMO JAPAN

主な著書/業績

『READINGS:1建築の書物/都市の書物』(共著・五十嵐太郎編、INAX出版、1999年)、『民家再生の実践』(共著・降幡廣信+降幡建築設計事務所編、彰国社、2006年)他。
受賞:彩の国さいたま景観賞「ヒアシンスハウス」(協同設計)、日本建築学会2007年作品選集掲載 「ヒアシンスハウス」(協同設計)、日本建築学会2014年作品選集掲載「登録有形文化財旧和田家住宅保存活用計画」(協同設計)他。
設計監理業績:稲荷山宿「蔵し館」(長野県千曲市・2000年)、安曇野高橋節郎記念美術館生家展示館(共同設計・長野県安曇野市・2003年)、下関市指定有形文化財旧逓信省下関郵便局電話課庁舎(下関市役所第一別館)保存活用整備(山口県下関市・2010年)、重要文化財三井三池炭鉱旧万田坑施設第二竪坑櫓・巻揚機室保存修理(熊本県荒尾市・2010年)、史跡三井三池炭鉱跡万田坑跡職場保存修理(熊本県荒尾市・2012年)、重要文化財高島屋東京店部分修理(東京都中央区・2013年)、史跡志波城古代公園案内所新築・外郭南門前木橋等修理(岩手県盛岡市・2015年)、重要文化財岩手銀行(旧盛岡銀行)旧本店本館保存修理(岩手県盛岡市・2016年)他。「みはらし亭」(広島県尾道市)等登録有形文化財技術指導

各部署連絡先

個人情報の取扱いについて

採用情報

長岡造形大学

〒940-2088 新潟県長岡市千秋4丁目197番地

tel : 0258-21-3311 fax : 0258-21-3312 
E-mail : admin@nagaoka-id.ac.jp

©Nagaoka Institute of Design.

先頭に戻る