• マイリスト
  • 大学案内
  • 入試情報
  • 新着情報
  • 人気記事
  • 対象者別
とじる

夏期休暇を迎えての学長メッセージ(学生の皆さんへ)

2021.08.02 お知らせ

夏期休暇を迎えて

 学生の皆さん、ようやく前期授業期間の終了を迎え、ホッとしていることと思います。
 今年は、昨年から続いている新型コロナ感染症の影響もあり、感染対策を行いながらオンライン授業と対面授業を並行して開講してきました。これまで無事に授業を進めることができたのも、学生の皆さんが新しい生活様式という自覚をもって感染予防に取り組んできた成果と考えています。
 また、5月の4都府県に発出された緊急事態宣言への対応、また6月から7月にかけての新型コロナ感染症ワクチンの集団接種など、学生・教職員が協力し合い、様々な対応に取り組んできたことが、今日この時を迎えたものと思います。
 このような中で、学生の皆さんはある程度のコミュニケーションを保ちながら、ようやく通常に近い大学生活を取り戻しつつあります。学内で見かける皆さんの表情が、日を追って柔らかさを取り戻しているように感じたのは、私だけではないと思います。

 そしてこれから皆さんは待望の夏期休暇を迎え、家族が待つ実家に帰省したり、この期間を利用して研究やリフレッシュなどの機会として外出したりすることも多いのではないでしょうか。
 しかしながら7月末から新型コロナ感染症は急激に感染拡大を続け、東京都の感染者も3,000人を超える日が多く、政府は8月から6都府県に「緊急事態宣言」、5道府県に「まん延防止等重点処置」を適応しました。この背景には感染力の強い、新たな「デルタ型変異ウイルス」の出現があると言われています。
 学生の皆さんは、この様な状況を決して軽く考えずに、十分な対策と行動準備をして欲しいと思います。これから移動を行う際には、日々変化する情報を適切にとらえ、今まで皆さんが培った感染予防の意識とそれを実践する意志をもち、基本的な感染対策を行うことを願います。
 皆さんの身体は家族や友人、この大学にとっても大切な躰であることを忘れず、自分を守る感染対策の行動を心掛けてください。そのことが周りの人々を守ることに繋がります。制限の多い状況下ですが、本学で学んでいる「創造性」を発揮しながら考え、行動することができるはずです。
 9月からの後期授業では、皆さんの逞しい笑顔、これから始まる充実した制作活動や授業に向けた気持ちを携えて再会できることを望んでいます。

 

令和3年8月2日
学長 馬場 省吾