• マイリスト
  • 大学案内
  • 入試情報
  • 新着情報
  • 人気記事
  • 対象者別
とじる

グランプリ獲得!ACジャパン広告学生賞 他多数受賞!

2022.03.28 お知らせ

学生を対象に公共広告をテーマにした広告作品を募集・表彰する第18回「ACジャパン広告学生賞」(主催:公益社団法人 ACジャパン)において、APD(聴覚情報処理障害)をテーマにした『聞こえているのに、聞き取れない』(制作代表者:視覚デザイン学科3年 鈴木 悠さん)がグランプリを受賞しました。この作品は2022年7月1日から1年間、BS民放8局で全国放映される予定です。
また、テレビCM部門では、審査員特別賞2点、優秀賞1点、新聞広告部門では奨励賞1点が受賞しました。テレビCM部門の応募作品は本学視覚デザイン学科の授業「コマーシャル演習」で行われている30秒映像CMの成果物で、本学からの応募全作品・受講者全員受賞しました。

【写真】グランプリを獲得した3人(左から齊藤さん、鈴木さん、小川さん)

「テレビCM部門」(30秒テレビCM)
■グランプリ 1点
『聞こえているのに、聞き取れない』 テーマ:APD(聴覚情報処理障害)
制作代表者:鈴木 悠さん(視覚デザイン学科3年)
小川 はるかさん(同)
齊藤 美月さん(同)

《企画意図》
・APD(聴覚情報処理障害)という障害の存在、またその症状を抱えた人々が社会生活において抱える困難についての周知を進める。
《審査員講評》
・この障害に関して漠然とした知識しかなかったが、ものすごくリアルに感じさせてくれた作品。
・この障害を分からないはずの人に共有できる表現がすごい。
・障害を体験させられた気がする。
・映像ならでは表現で丁寧につくられている。 

■審査員特別賞 2点
『スマホに生かされる』テーマ:スマホ依存
制作代表者:土濃塚 里穂さん(視覚デザイン学科3年)
石井 穂佳さん(同)
小川 はるかさん(同)

『虐待の花』 テーマ:児童虐待
制作代表者:加藤 悠夏さん(視覚デザイン学科3年)
石井 穂佳さん(同)
石澤 愛美さん(同)
高橋 香穂さん(同)

■ 優秀賞 1点
「これって違法アップロードじゃない?」
制作代表者:山野 夕陽さん(視覚デザイン学科3年)
斎藤 豪海さん(同)
石澤 愛美さん(同)
高橋 香穂さん(同)
菊池 雪那さん(同)
岩波 花衣さん(同)

***

「新聞広告部門」
■奨励賞 1点
『僕、涙腺ないんだよね。』 テーマ:海洋ゴミ問題
制作代表者:土居 早記さん(視覚デザイン学科3年)

***

主催者によると、今年度「テレビCM部門」では参加校36校(前年度35校)・260作品(前年度244作品)の応募、「新聞広告部門」では参加校28校(前年度30校)・520作品(前年度529作品)の応募がありました。審査は「公共広告として優れており、人々に興味や気づきを感じさせる作品か」「学生ならではの感性や、オリジナリティ溢れるアイデア・テーマ性があるか」等を視点に行われました。
(参考)第18回ACジャパン広告学生賞入賞作品決定
https://kyodonewsprwire.jp/release/202203218874