• マイリスト
  • 大学案内
  • 入試情報
  • 新着情報
  • 人気記事
  • 対象者別
とじる

後期授業の開始に向けて(学長メッセージ)

2021.09.10 お知らせ

1か月半に及ぶ夏期休暇も残り2週間となりました。長岡では、道端にススキも出始め、朝晩の肌寒さを感じ、秋の気配が近づいてます。皆さんはこの間、実家に帰省したり、オリパラの観戦やそれぞれの取り組みなどでリフレッシュする時間を過ごされたのではないでしょうか。

さて、いよいよ今月24日から後期授業開始となります。
長岡造形大学では、現在も拡がりを見せる感染力の強い変異株の影響を踏まえつつ、全国と長岡市内での感染状況、学生・教職員のワクチン接種状況等を考慮したうえで、後期から学生の皆さんが安全かつ充実した大学生活を送るために、これまでの対策を緩めることなく、引き続き十分な感染防止対策を講じ、前期と同様に授業や課外活動を進めることとしました。

ただし、そのためにはNID感染対策ルール遵守の協力が必要です。
帰省している方は、まずは授業開始の1週間前までには長岡に戻り、自宅で1週間の健康観察を行ってください。皆さんが健康観察期間を確保することで、大学全体として安全な授業実施や大学生活を送る前提の環境をつくることにつながります。
また、不要不急の外出自粛、マスク着用、手指消毒、体調管理の徹底、3つの密の回避、積極的なワクチン接種など、これまで行ってきた基本的な感染防止対策を、各自の自覚と責任で継続することが何よりも大切です。

後期開始に向けては、すでにパレットで周知した授業や課外活動等に関する方針を必ず確認し、準備を進めてください。これまで本学で感染による大きな混乱もなくこれたことは「幸い」ではなく、みなさんの協力の結果と考えます。今後の感染症の状況は楽観できず、引き続き社会への影響は大きく、ウィズコロナとしての大学生活が続くこととなりそうです。このような状況の中、本学の学生・教職員の自覚と協力、そしてデザインの力が原動力となり、さらに充実した授業や制作活動、課外活動につながるものと確信しています。

2週間後に、仲間や教職員と、笑顔で、元気にキャンパスで再会しましょう。

 

令和3年9月10日
学長 馬場 省吾