美術・工芸学科

Art and Craft

多彩な表現で、人や社会に
“おもい”を込めたメッセージを届ける。

学科の特長

本学科の特徴は、デザインを学ぶ中において欠かせないアートを追求する点にあります。デザインの中でアートを学ぶということは創造力を蓄えるだけでなく、社会への適応力を身につけることができます。さらに本学科では研究学習の基本に「考える」こと、「何故」を大切にしています。与えられた課題に対して、どうしてこれなのか?を考え、思い描いた表現を実現する術を身につけるカリキュラムを用意しています。

手で描くつくるを学ぶ

対象となる分野

絵画  版画  彫刻  彫金  鍛金  鋳金  ガラス

教員免許が取得できます。 詳しくはこちら

1年次

確かな基礎造形力を身につける

1年次の授業一覧はこちら

2年次

所属学科の
専門分野を
幅広く学ぶ

2年次の授業一覧はこちら

主な授業

美術・工芸基礎演習Ⅰ(絵画)

美術・工芸基礎演習Ⅰ(彫刻)

美術・工芸基礎演習Ⅰ(工芸)

3年次

専攻分野の
知識・技能を
高める

3年次の授業一覧はこちら

主な授業

ゼミⅠ

ゼミⅡ

4年次

専門分野の
知識・技能を
さらに高めながら
卒業研究に
取り組む

4年次の授業一覧はこちら

主な授業

卒業研究Ⅰ, Ⅱ(通年)

美術・工芸学科

学生作品紹介
GO!

各部署連絡先

個人情報の取扱いについて

採用情報

長岡造形大学

〒940-2088 新潟県長岡市千秋4丁目197番地

tel : 0258-21-3311 fax : 0258-21-3312 
E-mail : admin@nagaoka-id.ac.jp

©Nagaoka Institute of Design.

先頭に戻る